こうさか歯科

名古屋市名東区陸前町の一般歯科・小児歯科・歯周病治療「こうさか歯科」

EPARK病院

 

HOME»  根っこの治療

根っこの治療

歯はお口の中だけでなく、全身のバランスを左右するとても大切な存在です。
大切な歯をできる限り残すために、虫歯が進行してしまった場合に行うのが根っこの治療です。

 

根っこの治療

 

■根っこの治療(根管治療)とは

歯の根っこの管を根管(こんかん)といいます。根管の中には神経が通っています。
虫歯が進行すると虫歯菌が神経まで達し、そのまま放置しておくと抜歯が必要になります。
症状が悪化した虫歯の抜歯を避けるためには、根管内の神経を取り除く必要があります。
神経を取った後、根管内を消毒し、薬を詰めて細菌が入り込まないようにします。これを根管治療といいます。


根管治療によって歯の寿命が大きく影響されます。歯を長期間残すために、とても重要な治療なのです。
根管治療には高度な技術が必要ですが、当院では、経験豊富な歯科医師が治療にあたりますので、安心して治療を受けていただけます。

 

根っこの治療(根管治療)とは

 

■根管治療が必要な症状

虫歯が進行し、痛みが強い時
虫歯が進行し神経まで達するとしみたり、強い痛みが出ます。
痛みを取るため歯に麻酔をし、神経を取る必要があります。神経をとった後、根管治療を行います。
 
神経が死んで痛みが出る時
虫歯が進行したり、歯をぶつけると歯の神経が死んでしまうことがあります。
死んだ神経が腐ってしまい、その細菌が根の先まで達すると噛んだ時に痛みがでます。
このような場合、根管治療を行い根の中を消毒して痛みを取る必要があります。
 
歯の根の先に膿が溜まった時
 神経が死んで時間が経つと、根の先に膿がたまることがあります。
そのまま放置すると大きくなっていき、腫れや痛みが出ることがあるため、根管治療を行います。